為替相場で究極資産運用 悲しいお話

ここでは、為替相場で究極資産運用 悲しいお話 に関する記事を紹介しています。
『為替ダディ☆為替相場で究極資産運用』?年利300%為替達人への道 TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場で究極資産運用

□悲しいお話

 昔、ライブに頻繁に通っていた頃、日本人のバンドの中では、ブランキー・ジェット・シティ以外にたった一つ、自分に2回以上ライブに行かせた女の子4人組のパンクバンドがあった。
 大学の知り合いに勧められたのを覚えていて、近くに来たから見に行ったのだけど、衝撃的だった。
 女ばかりのパンクバンドっていうから、かなり舐めていたんだと思う。
 パンク的だったけど、曲は決して好みでなかったけど、演奏は無茶苦茶上手かったし、速い曲でも、とても大きなノリを感じさせるベースがとても気にいった。
 なぜかピンクフロイドを連想した。
 なによりボーカルが、アンコールのときに袖から駆けてきて客席にダイブしたその瞬間に、自分はそのバンドを好きになった。
 とにかく、最初の思い込みを粉々に打ち砕かれて、まさに恋に落ちた、って感じだったと思う。
 
 それから数度、ライブに出かけ、相変わらず曲でなく演奏のノリがお気に入りのまま、CDも少し買って、たま?に聞くような、ファンなのか、好きなのか(いや、好きなんだけど)よくわからない状態だったのだけど、2000年にバンドが解散したことを知った。
 解散の原因はボーカルが亡くなったこと。
 その数ヶ月後、ブランキーも解散発表し、それを知った自分は大泣きした。
 ブランキーの最後のライブの時、ベンジーが、新しい冒険に出る、って言ったから、自分も過ぎたことは振り返らないようにして、今も先を目指してるのだけど、今日たまたま見た音楽関係のブログに、その女の子4人組のバンドの事が書いてあった。

 ボーカルの子は自殺だったようだ、と。

 本当かどうかは判断できないけど、最後に見た彼女たちのライブでの様子は覚えているから、そうだったのかもしれない。

 当時、ブランキーの解散には泣いたけど、彼女たちの解散は文字の上だけで通り過ぎた気がしてる。
 でも、今日、誰もいない時に、睦のために、少し泣くかもしれない。
スポンサーサイト
為替外為FX
コメント
この記事へのFX外為コメント
ブランキージェットシティは私は全然聞いてなかったですね~。好きなバンドや応援できるバンドがいるのは幸せですね。
2006/07/23(日) 17:34 | URL | RUE #-[ 編集]
残された人は悲しさ以外に何も残らないからどんな事があっても自分を殺めてはいけないと思います。
2006/07/23(日) 21:04 | URL | 為替一撃 #-[ 編集]
セツナイデス
マダイ
2006/07/23(日) 22:14 | URL | 外為トレーダー☆マダイ #592Xd23o[ 編集]
RUEさん、こんにちは。
自分にとっての、人生の友かな。


為替一撃さん、こんにちは。
確かに残った人の気持ちを考えると、そうなんです。


マダイさん、こんにちは。
自分もです。

2006/07/24(月) 08:28 | URL | cbjim #6x2ZnSGE[ 編集]
FX外為コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
FX外為TB
この記事のトラックバックURL
http://gaitamekawasefx.blog66.fc2.com/tb.php/91-3a2b9757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外為FXアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。