あなたは、まだリスクの高い取引をしているのですか?外国為替証拠金取引(外為FX)で年利300%以上の資産運用を狙います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

◆昨日、午前中に地震がありました。
 座っていたので、すぐ分かりましたけど、その前にもありましたね。

 気象庁とかのHPを見ると、地震って毎日どこかで発生してます。
 体に感じないものが多数ですけど、やっぱりそれが異常に多くなると、警戒すべき状況になるのでしょうか。

 自分は、勝手な解釈になりますけど、適度に大きな地震(震度3?4ぐらい)は頻繁に発生したほうが、蓄えられたエネルギーが発散されていいのではないかと思ってます。
 
 ま、突然起きる巨大地震に対する備えはしっかりしておきたいですね。

◆地震に限らず外為も!
  
  予想できるリスクは最小限にすることが重要です。
 その為には大きな流れをつかんでおきましょう。
 ヒントはこちらにあります。
      ↓


[為替相場で究極資産運用 今日のトレンド&経済指標]の続きを読む
スポンサーサイト
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

◆今日も無事に更新できました!

 ありがとう!

 小林正観さんの本にありがとうと云い続けると良い、と書いてあったので、何も考えずに実践中。
 でも、確かに心が柔らかくなる効果があるようです(笑。
 
◆今週、来週と仕事がばたばたしてますので、ちょっと記事をかく量を少し減らそうかな、なんて考えてます。
 いろいろあるのですよ。
 以前のように一日も休みなし、では無くなったのでずいぶん楽なんですけどねえ。

◆そう言えば、外為どっとコムのコラムを書いている方がかなり変わりましたね。
ドクター田平さんがいなくなったのは残念ですけど、代わりに新しい方が3人増えてました。
 面白い記事にめぐり合えるといいなあと、思います(笑。

 個人的には塾長と呼ばれている酒匂さんが、一番面白いです。
 
 あ、面白さを求めるところじゃないか。
 ま、いいかな。

◆いつもコメント頂くダメおやじさんなのですが、最近のポン円取引での的中は凄いです。
 朝の記事から220円30ぐらいで売りとかいてあったのですが、夕方からチャートを見ていたら、ポン円見る見るうちに下がっていきました。
 勝負をかけると書いてありましたが、見事でしたね。




 
 予想できるリスクは最小限にすることが重要です。
 その為には大きな流れをつかんでおきましょう。
 ヒントはこちらにあります。
      ↓

[為替相場で究極資産運用 今日のトレンド&経済指標]の続きを読む
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

復活!
 でも、また撃沈するかも・・・。

 今日無事に更新できたのを感謝しましょう(笑。

◆一日チャートを見なかっただけなのですが、外為市場、大きく動きましたね。
 最近動かない、なんていったので、へそ曲げたのかな。
  
 時々見ているFXプライムの井戸端会議によると、
「クロス円(ユーロ円及びポンド円など)の買いポジションを抱えている海外ファンド勢のポジション解消クローズに絡むドル売り/円買い注文とのこと。何度も116.20円付近をトライしていますが、このままブレイクに失敗するようであれば、NY時間の引けにかけて再び下値を試す動きになるかなと思います。とりあえず今月中旬に開催されるG7までは、これまで過大に膨らんだ円売りポジションの調整が優勢になる地合いが続くのではないでしょうか。」
 とコメントされてます。
 そうなんだ。
 円売りポジション解消→円買戻し→クロス円売りってことか。

 
 予想できるリスクは最小限にすることが重要です。
 その為には大きな流れをつかんでおきましょう。
 ヒントはこちらにあります。
      ↓
[為替相場で究極資産運用 今日のトレンド&経済指標]の続きを読む
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

◆雑用により、時間がないので、本日の今日のトレンド経済指標記事は、

おやすみします!

です。

またまた、

ごめんなさい!

明日は復活できるかな?
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

◆今日の先にアップした記事は非常にコメントしづらいものだったと思うので、追加記事です。

◆今日はトロントとアメリカ市場が休場ということなんですけど、レイバーデーだそうです。

 レイバーデーって何?
 ということで調べてみました。
 Labor Day。
 そのまんまだった。

 労働の日。
 日本で言えば勤労感謝の日、みたいなもの、かな。
 記事によってはメーデーとしているところもありました。
 歴史は古く、1880年代から始まったみたいですね。
 最初は一部の労働組合のお祭り(?)みたいなものだったようで、大規模なパレードの形をとってたようです。
 それをきっかけにして、9月の最初の月曜日を労働者のための祝日とするようになっていったそう。
 州単位で広まっていったようですが、最終的には1894年に国民の休日に制定されてます。

◆ちょっとは外為に関係してますね(笑。


為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

◆前回までのあらすじ(違???うっ)。
 きっこの日記をきっかけに政治に興味を多少持った私は、○○大虐殺について、捏造という記事を見る。
 それで思った事・・・。

◆え?っと、続きです。
 ○○事件ともいうのですが、あえて伏せ字にしておきます。
 理由は、、、いろいろ。
 
 で、ですね、その事件そのもの自体があったことを疑う人、規模の大きさを疑う人いろいろなのですけど、真実ははっきりしません。
 wikiなどで調べてもいろんな意見があるようです。
 
 しかし、某隣国は当然あったもの(しかも年々規模が大きくなっていくようですが)として責任をとれ、謝罪しろ、云々と迫ってくる訳です。
 自分も子供の頃から歴史の授業などでは、日本は戦争を起こした、迷惑をかけた、と教えられてきたものですから、そう云われても仕方ないのだ、と思っていました。
 でも、そうじゃないかもなあ?というのが自分の今の気持ち。
 
◆知ってますか?
 靖国神社に祭られているA級戦犯といわれる人達に対して、彼らは国際法(当時の、だと思いますが)に照らしても、無罪である、という意見があることを。
 自分はえ????って、思っちゃいました。
 しかも、どうもその意見が主流らしい。
 つまり東京裁判というのは戦勝国が敗者を一方的に処分しただけ、らしい。
 当時の国際情勢を考慮すると、日本は戦争を起こさざるを得なかった。
 らしい、というのはですね、自分で確認してないからなんですけども、そういう意見があることをこの歳で初めて知りました。

 ま、だからといって戦争起こしていいとは全然自分は思ってませんので誤解しないように。
 窮鼠猫を噛むという言葉があるのですけど、そういった状況だったのかな。

◆一方で日本に対して、戦争には負けたけど、植民地支配からの解放者として好感度抜群、の国もあるわけで。
 これはどこの国だったかな。
 たしか公式の発言として、自分は記憶してます。
 そういう国と、どうしてもっと仲良くしないのかなあ。

◆要するに何を言いたかったのかの云うと、自分達はもっと胸をはって国際社会にでてもいいんじゃないかな、ということです。
 子供の頃から犯罪を犯した国、というイメージを植え込まれてきたような気がするんですけど、実はそうじゃないかもよ???。

 長年にわたる刷り込みっていうのは、マインドコントロールのようなもので、疑う、とか、確認する、って事を忘れてしまいます。
 言われたこと、そのまま鵜呑みにしちゃってたら、いつの間にかどうにもならない所にいた、なんて気が付きたくないなあ。

◆次期首相が、某隣国と某半島国の傀儡っぽい印象を受けるので(○○教会と○○学会ですね)、だらだらと、でも、自分の意見を述べてみました。

外為とはま?ったく関係ない記事でごめんね?。 

為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

◆最初にお詫び。
 本日からしばらく、ネット環境が変わるに伴い、ブログの更新やら、コメント返しが滞ってしまう可能性があります。
 
 ごめんね!
 
精一杯頑張るので、これからもよろしくお願いします。

◆よく見るブログに「きっこの日記」というのがあります。
 週刊誌などにも良く紹介されたので知っている方も多いとおもいますが、政治の暗部について書かれてあったり、MAXについて書かれてあったり、パチンコについて書いてあったり、と、その文体も含め、とっても面白いブログです。
 そこでは次期首相の○○氏と○○教会やら○○学会との繋がりがほのめかしてあったりと、と?っても興味をそそる内容が多くて、真実!?と思うような記事もあったりと、いつも読んでいてあきませんが、それらに触れるようになってから、自分もやや政治に興味を持ちました。
 ちょうど終戦の8月だったこともあり、きっこの日記をきっかけにして、様々なブログやらホムペで戦争とか、についての記述を読んでいたのですが、とあるところで、○○大虐殺は捏造、という記事を見ました。
 確かかなり前にもそのような書籍が発行されて国際問題(?)になった気がしますが、その記事、および最近出版された本を立ち読み(笑)してると、確かにそうかもしれない、って思いました。
 まあ、どっちの主張もそれなりに説得感があって、自分では判断できません。
 いえ、判断することは、とりあえず放棄しました。
 
 ???書きかけだけど、時間がないのでここでアップ!???
 ???明日、か夕方、続きを書くよ????????????
 ???色々問題ありそうなんで伏せ字でごめんなさ???い!
 
外為市場は、円、弱っ!ドル、やや弱っ! という感じですね。
 本日はトロント、米国が休場です。
 しかも指標も少ない。
 こんな日は激しく値動きがあるか、あんまり動かないかどちらかです。
 気をつけましょうね。
 先週末、ポンドルはそろそろ売時かなあ、なんて書きましたが、やっぱり逆に行きます。
 激しく曲げちゃうわけじゃないですけどね。
 サンプラザ中野さんにコメントをいれたのがまずかったのか!!(笑。
 
 予想できるリスクは最小限にすることが重要です。
 その為には大きな流れをつかんでおきましょう。
 ヒントはこちらにあります。
      ↓
[為替相場で究極資産運用 今日のトレンド&経済指標]の続きを読む
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

今日は外為とは関係ない雑談の日ですね(笑。

◆関東は今朝はとっても良い天気で、自分もなんか良い気分で仕事にきました。
 あ、今日は休日自主出勤です。
 ちょっとやっといたほうがいいかなあ、なんて思ったので。
 でも、ブログの更新していたりしますが、、、。

◆2、3日前に通勤途中の本屋さんで、探していた本を見つけて衝動買い。
 何か自分の心に触れるものがあったので買ってしまいました。
 自分、通常は衝動買いはめったにしません。
 本も一冊、1000円以上のものは、一部を除き、よっぽど余裕のあるとき、計画的にお金を貯めてから以外は買いません。
 一部っていうのは敬愛する栗本薫の作品と、ハヤカワ文庫JAなのですけどね。
 で、何を買ったかというと、この2冊!
 大文字にしてみました!

 宇宙を味方にする方程式

 楽しい人生を生きる宇宙法則

 どちらも小林正観さんという方が書かれています。
 一見、ちょっとあっちの世界にいっちゃった系とも受け取れるのですが、(江原啓之をいっちゃった系としたら、ですけど)自分は読んでひさびさに感動しました。
 だって、自分の生き方を肯定するような内容でしたから。
 それって、すごく嬉しいことでしょ?
 でも、書いてあることすべてが自分の考えを同じ、というわけではないってことも正直に言っておきますね。

 要するに不平不満を口にせず、感謝の気持ちを持って、楽しく過ごそう!ってことになるのですが、まあ、それは読む人それぞれ受け取り方は違うと思うので、もし興味があれば読んでみてください。

◆で、例外の一部の本の作者である栗本薫なんですが、自分は彼女が書いているグイン・サーガという和製ヒロイック・ファンタジーのシリーズが大好きでずっと読んでいます。
 そのシリーズがハヤカワ文庫JAに収録されているのでJAコレクターにもなっていったのですが、当初は全100巻とかって(作者が)言って始まったのですが、現在109巻、まだまだ終わりそうにないです。
 15歳から読み始めて、もうすぐ40歳、人生の半分以上を彼女のファンとして過ごしているので、死ぬまで付き合うのだろうなあ。
 100巻過ぎても完結しないことが、はっきりした時点で、自分の気持ちはちょっと離れてしまったのですが、なんだか今は長い間連れ添った夫婦のような気分なのかもしれません。
 しかし、主人公の豹頭人身のグインが物語の中で活躍してるのを読むと知らず知らずに惹きこまれているんですねえ。

◆ついでにハヤカワ文庫JAについても書いておきます。
 おそらく日本で最初に始まった日本人作者によるSFのみを収録した文庫、だと思います。
 歴史は、1973年に始まって、初期JA1?100番台あたりまでは小松左京、星新一、豊田有恒、光瀬龍、等々日本のSF史をそのまま体現してますね。
 現在はJA850番ぐらいまで出版されてますが、自分はたった一つの欠番を除き、すべて所持しています。
 ま、面白いから古本屋で買っているうちにそうなりましたが、ちょっとした自慢かな(笑。
 ここ数年はSFだけではなく、ミステリーやSFっぽいコミックなども出版されるようになってます。
 その最大の収穫は(個人的に!ですけど)水樹和歌子のイティハーサ(全7巻)だと思ってます。
 少女マンガ、に分類されるのでしょうが、これまた感動巨編!
 自分は最後読み終えた時はぼろぼろ泣いていました。

最後まで読んでくれた方、ありがとう!感謝します!
 


 

 
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

■昨夜は久しぶりに指標発表時間にあわせてチャートを見ることが出来ました。 
 いえ、ただ残業してて、指標発表時間になっただけです。 

 外為市場の動きです。
 米雇用統計は、事前の予想どおりといったことろでしょうか。
 でも、ドルはやや買われ気味で上昇。
 その後、7月建設支出が予想より悪化したのですが、それほど下がらず、と思っていましたが、朝確認したら、じわじわと下げてきたようです。
 まあ、どっちに行くのかはっきりしない、というのが実際のところですねえ。
 ちょっと前のように一気に1円動いたり、とか、そういうのは大きなサプライズがないと期待できませんね。
 自分は期待してないけど。

■最近、取引会社が指標発表時の取り引きに制約を加えるところが増えてきました。
 仕方ないかとも思えますが、我々顧客にとっては改悪と思えるような動きです。 
 何とかならないのかなあ、と思うのですが、良く考えたら、自分は指標発表時には取引しませんでした。
 でも、やっぱり取引する会社は少しでも条件の良いところが良いに決まってますので、リアルトレードに復帰するまでの時間(どのぐらいになるかはわかりませんが)、じっくりと動向をみながら取引会社の検討をしたいと思います。
 ちなみに現在自分が口座を開いているのは外為どっとコムFXCMジャパンの2箇所だけ。
 外為どっとコムは自分が追っているクロスドルがないのが欠点、FXCMジャパンは、最近一部通貨でスプレッドが大きくなったのと、注文時にチェックが入るのが欠点、チャートも見にくいですね。

為替取引されてる方は夜型の方が多いようです。
 少なくとも自分がお付き合いある方はそうですね。
 でも、自分はどっちかというと朝型?
 朝早いので、夜はとても苦手です。
 なので、なかなかお話する機会も少なくて残念だなあとおもっています。
 やっぱり夜型になれるように頑張ってみるべき?でしょうか。
 自分のように仕事も持っている人は、バランスが大切ですね。
 どっちもおろそかには出来ません。
 良い方法は、、、勝てるトレーダーになって、専業になる!
 なんてどうかな。
 
為替外為FX
為替ダディ☆為替相場究極資産運用

■昨日の記事で投資苑に軽く触れましたけど、よくコメントを頂くショパンさんから、昔からある本ですか?という質問がありましたので、軽く回答。
 投資苑の国内発売は2000年、投資苑2は2003年です。
 昔といえば昔ですかね。
 当然アメリカ(?)で出版されたのはそれ以前ということで、今では古典といわれてもおかしくないです。
 というか1については古典でしょう。
 内容も、まあ、古いという人も当然いますね。
 
■最近はちまたに情報商材が氾濫していて、玉石混合といった感じなのですが、内容のわからない高額なものを買うよりは、古典といわれようと評価の高いものを、内容を確認して買うほうが、いいのではないかな。
 あ、逆に云えば、評価の高い情報商材は買う価値があるかもしれないってことですね。
 でも、中身が分からないというのは不安です。
 
■今日から9月となりました。
 なんか8月が終わると夏が終わった?という気になってしまいますが、実際は残暑などもあり、もう少し厳しい暑さが続くのかもしれません。
 でも、ここ最近の朝、晩の過ごし安さは嬉しいですね。
 秋の気配(by オフコース)を感じます。
 
 そろそろ心配になってくるのは台風でしょうか。
 毎年9月が一番多いような気がします。
 台風の通り道なんて云われる地方の方々、農業をやっておられる方々には一番警戒すべき季節なんでしょうねえ。
 日本だけでなく、アメリカでもハリケーンの発生には非常に敏感になっているようす。
 下手すると国の経済状況まで左右するのですから、自然は侮れません。
 それと上手く付き合いながら、暮らしていくしかないのですけどねえ。

外為市場では、さらにクロス円が上昇。
 調整ともとれるような動きもありましたが、元に戻ってます。
 ポンド円なんて、223円台!
 NZ円も上昇中ということで、自分の塩漬けポジションがもしかして、損益分岐点までいくのではないかという淡い期待を持ってしまいました。
 こんな事書くと、また、ど?んと下がる気がします。

 ポンドルはそろそろ売時かなあ。
 
 大抵は逆に動く直感ですけどね。
 
 予想できるリスクは最小限にすることが重要です。
 その為には大きな流れをつかんでおきましょう。
 ヒントはこちらにあります。
      ↓
[為替相場で究極資産運用 今日のトレンド&経済指標]の続きを読む
為替外為FX
外為FXアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。